« トレーニングその2 | トップページ | 日本敗戦 »

拓大杯

昨日ベスト4をかけて、宿敵大和田と対戦しました・・・。

結果は残念ながら0-2の敗戦です。しかし、見ていたコーチ陣、お母様方全てが内容では負けていなかったと思っていると思います。実際にチャンスは相手より沢山作っていました。

大和田は少ないチャンスを確実に活かす事が出来るチームで、本当に勝負強いチームです。

こちらが、いくら良いゲームを作り、しっかりとパスをまわして相手を崩しても、シュートを打たなければ点は入りません。極端な話こっちが100本シュートを打って全て外してしまい、相手が1本しかシュートを打たなくてもそれが入ってしまえば、負けてしまうのです。昨日は、こちらがシュートを沢山打ったのではなく打たなかった(正確に言うと打たせてもらえなかった)のです。拓大杯のゴールは大人と同じものを使うので、小学生には大きなもので、ロングシュートで枠に入れば得点できるチャンスはたくさんあります。キック力の強い子は大勢いて、試合前にシュートを打とうと確認をしたのですが、前半はほとんど出来ませんでした。後半の始まる前にもう一度確認をして、後半は少し出来ていたと思います。

でも、課題は見えた気がします。技術ではもう差はありません。前に行く気持ちシュートを打つこれだけです。日頃の練習よりこの点に注意しながら指導したいと思います。楽しみは先にとっておきましょう。ねっコーチの皆様・・・・。

|

« トレーニングその2 | トップページ | 日本敗戦 »

「子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレーニングその2 | トップページ | 日本敗戦 »